読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めずらしく自分に課す

新年度が始まった。春…春と言えば出会いの季節。わたしは別に春は何も起きないタイプの人間だけど。

なんとなく心躍ってしまうね。あったかくなってくるし。昆虫か。

 

最近、相手に寄せることの大変さが身に染みている。しばらく余裕のない暮らしをおくって色恋どころではなかったタイミングには少しも考えられなかったこと。

 

 

さっき仁科さんのツイートを見ての発言なんだけど、けっこうなブーメランだった。わたし普段から結構ド直球だわ…と。

わたしが傍若無人を許されてるのって”かわいい顔”と”たまーーーーに見せるデレを相手が知っていてくれてる”ことが条件だと思ってる。

1つ目はまあ、誰が相手でもたいていはクリアできるレベルではあるはずなんだけど、2つ目って難しくて、「こんなんだけど実はかわいいとこあるからなー」って感じるのは完全に相手の裁量次第で、もうほとんど運頼みなんだよね。

これ、ロジカルじゃなくない?

 

というわけでこれを機に自分にきちんとルールを設けたいと思う。そんな大層なこと言ったってね、大事なことってそんなにないんだけどね。

 

①わがまま言うときははぶりっ子する

わたしの口の悪さ感情の薄さからいくと、けっこうなかわいこぶりっこでも十分なような気がする。小さなお願いも大きなお願いも、ちゃんとかわいく注文する。どちらにせよ叶えてくれる人は多いけど、やっぱりかわいいほうがいいよね。これは最近人にモノを頼む態度がなってないと繰り返し言われたのでいい加減なおす気になった。もちろんお礼もセットで。

 

②なるべく離れない

会っているときは相手に向き合う。身も心も。できればついて回る。大好きだったら離れられないから。言葉ではなく実際の行動を見ろってTwitterのお姉さんが言っていたように、たいして言葉を発さなくても相手に好意は伝わる。その原理を使わない手はない。

 

③気まずくしない

これは元々やんわりと気をつけていることではある。わたしは我ながらスーパー寛大なので相手の失敗を幸いなんのストレスもなく許すことができる。ばかだなあと思うことがあっても平気で流すことができる。「いやでも…」「そうなんだけど…」と思わせない。僕が君をしょんぼりから守るよ。笑いに変える、笑って流す、気づかないふりする、やりようはいくらでもある。

 

この3つを徹底してとりあえず生きてみようと思う。相手は老若男女問わずできる限りとにかくやってみる。できるだけたくさんの人に好かれるのは、人生を幸せに過ごすために絶対に必要だから、努力をする価値がある。

わたしは元々相手の表情や言動のほんのささいな違和感も見逃せないタイプなので、「何か気に触ることを言ったかな?」「あのときああ言ってれば…」など人付き合いに後悔が多くてつらい。これを生活に活かせないんだとしたらただのハンディキャップだ。